一般的な内祝いに贈る品物の金額を把握しましょう

フラワー

心のこもったギフトを

男女

結婚式で新郎新婦が両親へ感謝の気持ちとしてプレゼントする品物には、花束やブートニアなどが定番となっています。他にも、ウェイトドールや似顔絵なども人気となっています。両親へプレゼントする品物は、基本的に何でもよいとされていますが、物によっては適していないものもあるため、避けるようにしましょう。

もっと読む

喜ばれるフラワーギフト

フラワー

最近のフラワーギフトは、大阪の花屋が行うようなお洒落なアレンジが可能です。メッセージ性もあるとして、フラワーアレンジのギフトは利用者が増えています。フラワーギフトは、タイミングを逃さずに贈る必要があります。

もっと読む

相手が喜んでくれるものを

内祝い

出産祝いのお返しを贈る

出産祝いの内祝いは、頂いた金額の半分〜1/3位くらいを目安に選びます。紅白蝶結びの水引ののし紙に、下には赤ちゃんの名前を書気入れて贈ります。内祝いの元々の意味は喜びのおすそ分けで、お祝いを頂いても頂かなくても、近隣の方々にもお赤飯などを配ることもありあました。最近では、お祝いのお返しを内祝いとするのが一般的になっています。品物は、タオルセットや石鹸、紅茶の詰め合わせなど日常で使用するものが多いですが、贈る相手の家族構成や好きなものを考えて選びましょう。贈る時期は、生後1か月頃のお宮参りの前後が望ましいです。デパートや専門店などから贈る場合は、お祝いを頂いたお礼と、赤ちゃんや家族の近況報告などを書いたカードを添えると喜ばれます。

結婚祝いのお返しを贈る

結婚のお祝いの内祝いは、披露宴に招待できなかった、または欠席した人に贈ります。頂いたお祝い金や品物の半額程度の物を送るのが一般的です。また、相手が年下の場合は同額くらいにします。品物は引き出物と同じ物や、タオルセット、寝具、食器、キッチン用品、鰹節、砂糖、お菓子などいずれも相手に喜んでもらえるものを選びましょう。尚、頂いたお祝いと似ている物を送るのはマナー違反なので気をつけましょう。結婚の内祝いは遅くても挙式後1か月以内に持参するか配送します。配送する場合は品物が届くころに合わせてお礼の手紙を出すのが礼儀です。また、連名でお祝いを頂いた時のお返しは、そのお祝いを人数で割ってその半額程度の物を贈ります。

友達への贈り物なら

ギフト

女性同士で誕生日プレゼントを贈るなら、アクセサリーやファッション雑貨がおすすめです。ピアスや手袋、ストールなどが喜ばれるでしょう。男性が女性にプレゼントするなら、文具雑貨やスイーツなんかも良いでしょう。また、一緒にランチや飲みに行くのもオススメですよ。

もっと読む